産経ニュース

復興支援継続を 船橋でイベント

地方 地方

記事詳細

更新


復興支援継続を 船橋でイベント

 船橋市では11日、第7回「花いっぱいIN習志野台」(ともにがんばろう東日本実行委員会主催)が習志野台公民館で開かれ、震災を風化させず、継続した支援を誓った。

 屋外会場では福島県の牛肉串焼きや農産物、宮城県のカキ、ワカメなどを販売。JA東西しらかわの高橋章夫さんは「2時間で完売となり感謝します。これからも船橋とのつながりを大切にしていきたい」と笑顔で語った。会社員の磯崎健さんは「元気をもらった。被災地の物産を買うことで復興の一助になれば」と話した。駆けつけた松戸徹市長は「市民が中心となった復興支援。継続することが大事だ。お互いに助け合う心を」と語った。

 3階会場では支援活動に取り組むDJ、KOUSAKUさんの進行で、宮城県南三陸町の語り部、伊藤俊さんが悲惨な震災体験と復興に向けた現状を切々と訴えた。

 また、大震災の日、小さな船で巨大な壁のような大波を乗り越え、一夜を海上で過ごした石巻市の漁師、齋藤富嗣さんが自らの体験を題材にした絵本「トミジの海」を朗読。会場は静まりかえった。齋藤さんは「少しずつ風化が進むが、絵本を通して後世に伝えていきたい」と語った。最後に参加者全員で黙祷し、「花は咲く」を合唱した。

 イベントは市民有志が実行委員会を結成。平成24年から毎年開催している。委員長の森紳浩さんは「この日を忘れてはいけない。来年も再来年も続けていきたい」と決意を示した。