産経ニュース

【東日本大震災7年】子供たちが防災学ぶ 体験施設「そなエリア東京」

地方 地方

記事詳細

更新

【東日本大震災7年】
子供たちが防災学ぶ 体験施設「そなエリア東京」

 防災体験学習施設「そなエリア東京」(江東区)では、災害時の対応や防災について学ぶ「そなえパークの日」が開かれた。被災地の現状を写真で伝える報告会や、ゲーム感覚で防災知識の普及を図る「防災ビンゴ」などが行われた。

 水消火器体験では「火事になったら大きな声で叫び、周囲に知らせることが大切」「消火器のポイントは火の根元に消火剤を当てること」などとスタッフから解説を受けた。その後、子供たちは初めて手にする消火器で炎に見立てた的を吹き飛ばしていた。

 横浜市立谷本小5年の梅津伊吹君(11)は「消火器は思っていたより重かったけど自分くらいの年齢なら十分扱えるのだと分かった。いざというとき自分の命は自分で守れるようにしたい」と話した。