産経ニュース

プカプカ~球体型ホテルお披露目 ハウステンボス

地方 地方

記事詳細

更新


プカプカ~球体型ホテルお披露目 ハウステンボス

ハウステンボスが導入する移動式の球体型ホテル ハウステンボスが導入する移動式の球体型ホテル

 長崎県佐世保市の大型テーマパーク、ハウステンボスが導入予定の海に浮かぶ移動式の球体型ホテルが、報道陣にお披露目された。珍しい宿泊体験を楽しめることをアピールし、新たな集客策の目玉とする。

 海上での移動方法や、利用者が快適に滞在できるかどうかの検証を月内から進め、夏の開業を目指す。

 ホテルは1階が客室、2階は天井がない展望スペースになっている。一つに付き2~3人が泊まれる予定で、船がホテルを曳航(えいこう)して、同県西海市の大村湾に浮かぶ無人島に移動させるプランを検討しているという。

 ハウステンボスはこの無人島で、現実とコンピューターの世界を重ね合わせた「拡張現実(AR)」技術を活用し、恐竜を倒すゲームが体験できる施設も開業する予定。

 ハウステンボスの沢田秀雄社長は記者会見で「まだまだ改善点はある。デザインや機能は、これから進化させていく」と話した。