産経ニュース

ちょっぴり緊張「お点前参観」 東大寺学園幼稚園で園児ら稽古の集大成

地方 地方

記事詳細

更新


ちょっぴり緊張「お点前参観」 東大寺学園幼稚園で園児ら稽古の集大成

 奈良市の東大寺学園幼稚園で5日、お茶をたてて保護者をもてなす「お点前参観」が開かれ、園児らが稽古で磨いたお点前を披露した。

 同園では園児らに日本の伝統的文化である茶を楽しんでもらおうと、平成20年から茶道の先生を月に1回招いている。年少クラスが秋から稽古を始め、約2年半、茶道具の使い方や茶の飲み方に加え、畳の上での座り方やお辞儀の仕方など和室での立ち居振る舞いも勉強する。

 この日は、卒園を控えた園児約30人が稽古の集大成を披露。正座して手際よく茶をたてた後、「どうぞ」とお辞儀をして茶を差し出し、参観に訪れた保護者をもてなした。

 立派にお点前を披露した年長クラスの楮谷(こぞたに)光希君(6)は「最初は緊張してドキドキした」とホッとした表情。母の真希子さん(33)は「家ではやんちゃだけど、ちゃんとお作法通りにできていた。緊張していたみたいだけど、成長を感じられた」と話していた。