産経ニュース

防災意識、冊子でアプリで 都、あすから配布・配信

地方 地方

記事詳細

更新


防災意識、冊子でアプリで 都、あすから配布・配信

 都は3月1日から、女性の視点を生かした防災ブック「東京くらし防災」の配布と、東京くらし防災などが閲覧でき、災害時にも役立つ「東京都防災アプリ」の無料配信を始める。

 東京くらし防災は、スマートフォンで読み取ると内容を読み上げる音声コードが各ページに印刷され、より多くの人が読めるように配慮。食器の重ね方を変えて落下を防ぐなど普段から気軽にできる防災対策のほか、被災者のリアルな声も盛り込みながら避難生活の知恵も紹介した。都立・区市町村立施設や、協力店舗など約9千カ所で専用ラックに置いて配布する。

 防災アプリでは、東京暮らし防災や、都が平成27年に発行した防災ブック「東京防災」が閲覧できる。地域の危険度が検索できる最新マップも取り入れ、避難情報などのプッシュ配信や安否の登録・確認など、災害時に役立つ機能も搭載した。アプリストアから無料でダウンロードでき、都防災ホームページでもダウンロード先などを案内する。

 小池百合子知事は定例会見で、「東京くらし防災を少しでも多くの方々に読んでもらいたい。アプリも活用いただきたい」と呼びかけた。