産経ニュース

第1回備中備後デニムコンテスト 採用ロゴなど決定 「産地アピール盛り上げる」

地方 地方

記事詳細

更新


第1回備中備後デニムコンテスト 採用ロゴなど決定 「産地アピール盛り上げる」

 デニム生地やデニムのある風景、デニムを身につけた人物を題材にした写真、動画、イラストを全国から募集した「第1回備中備後デニムコンテスト」の最優秀賞4点を含む受賞作を、主催した福山市と隣接する岡山県井原市が発表した。両市が国内有数のデニム生地産地であることをアピールする「備中備後ジャパンデニムプロジェクト」の一環。ロゴマーク部門では、札幌市の水林孝文さん(34)の作品が最優秀賞に選ばれ、プロジェクト全体のロゴマークとして採用された。

 ロゴマークのほか、写真、動画、イラストの3部門で、昨年10月17日~今年1月11日に募集。外国人の作品も含め、ロゴマーク461点、写真374点、動画28点、イラスト192点の応募があり、両市と地元の主要デニム関連企業の担当者らが審査した。

 受賞はロゴマーク部門のみ最優秀賞1点で、他の3部門は、それぞれ最優秀賞1点と優秀賞2点が選定された。

 ロゴマーク以外の最優秀受賞者は、写真が兵庫県芦屋市の関恵里さん(33)▽動画が東京都世田谷区の関矢道大さん(25)と千葉県柏市の山根恵さん(26)▽イラストが奈良市の北上知志さん(33)。

 担当者は「全体にレベルが高く、応募数も予想より多かった。デニムが好きな人が多いことが反映された結果ととらえており、受賞作を使ったポスター作成や無料動画サイトへの投稿などを通じて、デニム産地アピールを盛り上げていきたい」としている。

 受賞作は3月7日まで、福山市延広町のもみじ銀行福山支店で、営業時間帯に展示されている。