産経ニュース

山口FGと県歯科医師会、診療所の事業承継支援へ包括連携協定

地方 地方

記事詳細

更新


山口FGと県歯科医師会、診療所の事業承継支援へ包括連携協定

 山口フィナンシャルグループ(FG)は27日、山口県歯科医師会と、診療所の事業承継などに取り組む包括連携協定を結び、同県下関市で締結式を開いた。地域の医療体制を守るとともに、歯科検診の受診呼びかけなど、健康を守るための啓発活動にも取り組む。

 団塊世代が75歳以上となる「2025年問題」では、医療機関の事業承継も注目される。患者だけではなく、医師側の高齢化も進み、廃業の頻発が想定される。

 そこで山口FGは、医療機関の経営支援の枠組みを整えようと、昨年9月、本社の事業性評価部内に、専門チームをつくった。今回の協定で、支援の取り組みをさらに進める。

 厚生労働省が平成30年度に実施する診療報酬改定では、「かかりつけ医」の充実に力点が置かれた。山口FGと歯科医師会はこれを反映し、「かかりつけ歯科医」の定着を呼びかける。

 山口FGの吉村猛社長は「グループが持つ情報やノウハウを生かし、地域医療の継続に向けてお手伝いをしたい」と述べた。