産経ニュース

「アクアイグニス多気」薬草の湯 木質バイオマスで温め 三重県内産間伐材などチップに

地方 地方

記事詳細

更新


「アクアイグニス多気」薬草の湯 木質バイオマスで温め 三重県内産間伐材などチップに

 多気町で複合リゾート施設「アクアイグニス多気」を2020年春に開業予定のアクアイグニス(東京)と同町、事務機器大手のリコーは26日、同施設の浴場「薬草の湯」用に県内産の間伐材などを燃料とするボイラーを設置、運用するための協定を結んだ。リコーが開発したシステムを導入、林業活性にもつなげていくという。

 薬草の湯は、県内産の薬草を使い、季節ごとにさまざまな効用の湯を提供する。薬草の効用などを研究する江戸中期の著名な本草学者、野呂元丈らが多気出身であることにちなんで発案された。

 リコーは平成28年12月から、自社の環境事業開発センター(静岡県御殿場市)で空調や給湯用のボイラーに木材由来の「木質バイオマス」燃料を利用する実証実験を重ねてきた。社外で同システムを本格的に運用するのは初めてという。

 植物は生育過程で二酸化炭素(CO2)を吸収するため、伐採後燃焼させてもCO2排出量はゼロとみなされる。

 アクアイグニス多気では同町周辺の森林から搬出された間伐材などを木質チップに加工、燃料にして、薬草の湯に必要な熱の一部をまかなう。年間約1800トンの木質チップを使用し、石油などを燃料に使う場合と比べて同約千トンのCO2排出削減ができると見込む。

 同町は事業の実現に向けて今後必要な協力をする。アグアイグニスの立花哲也社長は「薬草の湯は建物も地元の木材を使用し、古くなったら燃料に利用するなど循環型の施設にしていきたい」と話した。