産経ニュース

不妊手術、大分県には記名資料101人分

地方 地方

記事詳細

更新


不妊手術、大分県には記名資料101人分

 大分県は、旧優生保護法下で障害などを理由に不妊手術を受けたとみられる男女計101人分の個人名が記載された資料が大分県公文書館に保管されていたと発表した。県によると、今回見つかったのは昭和32年度と35年度の資料で、101人の内訳は男性41人、女性60人だった。