産経ニュース

張り子に絵付け「楽しい」 信貴山で寅まつり、フードフェスも

地方 地方

記事詳細

更新


張り子に絵付け「楽しい」 信貴山で寅まつり、フードフェスも

 信貴山・朝護孫子寺(ちょうごそんしじ)(平群町)にまつられる毘沙門天王(びしゃもんてんのう)と縁の深い寅(とら)にあやかった「信貴山 寅まつり」が24日、同寺で始まった。「張り子の寅」の絵付け体験や特産品などが並ぶフードフェスなどが行われ、家族連れらが楽しんだ。

 寅まつりは「寅の月」である2月に、「寅のパワースポット」としても知られる同寺を訪れてもらおうと、同寺とNPO法人「信貴山観光協会」が主催。平成26年から行われ、「関西最大級、寅のお祭り」という。

 張り子の寅の絵付け体験では、長さ約10センチ、高さ、幅各約5センチの張り子の寅に、子供たちが赤や青などの絵の具で模様を描いたり、表情を描き加えたりしていた。

 参加した大阪府枚方市の小学2年生、礒田翔太君(8)は「楽しかった。顔の表情にこだわった」と満足した様子。父の勲さん(43)も「家族みんなでお祭りを楽しめています」と話していた。

 また、奈良漬けや竜田揚げなど県内外の特産品や食の屋台約30店が並ぶフードフェスも開かれ、家族連れらが楽しんでいた。

 25日は午前11時から、寅年生まれの寅娘、寅男たちが寅みこしを担いで練り歩き所願成就を祈願する「寅まつり大法要」、午後2時からは約5千体の張り子の寅を供養する「納め寅供養」が行われる。問い合わせは同寺(電)0745・72・2277。