産経ニュース

生徒ら和菓子づくり体験 豊中支援学校で出前授業

地方 地方

記事詳細

更新


生徒ら和菓子づくり体験 豊中支援学校で出前授業

 和菓子づくりを学んでもらおうと、障害のある児童・生徒が通う府立豊中支援学校(豊中市北緑丘)で21日、専門学校の教員が講師となり「出前授業」が行われた。

 専門学校を経営する滋慶学園グループと府教育委員会が締結している連携協定の一環。グループの神戸製菓専門学校(神戸市中央区)の教員を務める根元友理さん(30)と岩澤麻美さん(28)が講師となり、和菓子づくりを教えた。

 出前授業に参加したのは高等部2年の8人。ひな祭りにちなんだ和菓子づくりを体験し、いちご大福をようかんで巻いたほか、「練り切り」であんこを包んで2品を完成させた。生徒らはできあがった和菓子を食べ、できばえを確かめた。

 生徒らは「貴重な体験をした」「おいしかった。また食べたい」などと喜んでいた。講師の根元さんは「楽しんで出前授業に参加してもらった。和菓子に興味を持ってもらうきっかけになれば」と話した。