産経ニュース

お水取り 境内に法螺貝響く中、参籠の無事願い練行衆が「社参」 奈良

地方 地方

記事詳細

更新


お水取り 境内に法螺貝響く中、参籠の無事願い練行衆が「社参」 奈良

 東大寺二月堂の修二会(しゅにえ)(お水取り)の前行「試別火(ころべっか)」入りから一夜明けた21日、練行衆(れんぎょうしゅう)は参籠(さんろう)中の無事を願う「社参」を行った。

 この日は和上を務める平岡昇修さんを先頭に、練行衆11人全員が同寺戒壇院の別火坊から出発。八幡殿や大仏殿、天皇殿、開山堂を巡拝し、途中数カ所で練行衆のうち平衆が吹く法螺貝(ほらがい)の音が響き渡った。

 来月1日から本行が始まる二月堂の下に着くと、練行衆は湯屋で「試みの湯」に入った。その後、二月堂舞台から聖武天皇陵と本尊を拝した。参拝者らも見守る中、練行衆の姿は「お水取り」が近づいたことを実感させた。