産経ニュース

FCバルセロナ監修のスクール 生駒、田原本に開校へ 関西初、スペインから指導者

地方 地方

記事詳細

更新


FCバルセロナ監修のスクール 生駒、田原本に開校へ 関西初、スペインから指導者

 サッカースペイン1部リーグの強豪、FCバルセロナが監修する「FCバルセロナサッカースクール奈良校」が今春、県内に開校する。同クラブ公認のスクールは福岡校、葛飾校(東京)に次ぐ国内3校目で、関西では初。世界最高峰の育成メソッドを注入された少年らが、奈良から羽ばたく日が来るかもしれない。

 スクールはサッカーマーケティング会社「Amazing Sports Lab Japan」(東京都)が運営。HOS生駒北スポーツセンターを拠点とする「生駒クラス」が4月に、県フットボールセンターを拠点とする「田原本クラス」が6月に相次いで開校する。

 同校では、クラブの至宝、メッシらを輩出した下部組織と同じトレーニングメニューに基づいて選手を指導。スペインから派遣され、“バルサ流”の育成メソッドを心得たテクニカルディレクターが常駐し、コーチ陣の指導に当たるという。

 幼稚園年長~小学3年生が対象の「ミニバルサコース」に加え、小学2~6年生がプロを目指す「バルサ育成コース」を設定。計400人規模の大所帯になる見通しで、将来的には海外遠征も検討している。

 同社の浜田満社長は「奈良のサッカー文化を盛り上げるきっかけとなれば」と語り、バルセロナのアジア太平洋地区責任者を務めるトニ・クラベリア・マヨルさんは「世界で活躍する選手を新たに発掘していきたい」と意気込んだ。

 問い合わせは同校事務局(電)0743・78・3611。