産経ニュース

サンフレッチェ応援「盛り上げを」 JR広島駅でラッピングトレインお披露目

地方 地方

記事詳細

更新


サンフレッチェ応援「盛り上げを」 JR広島駅でラッピングトレインお披露目

 サッカーJ1のサンフレッチェ広島への応援を地域一体で盛り上げる「サンフレッチェ応援ラッピングトレイン」(4両編成)が17日、広島市南区のJR広島駅でお披露目された。20日から来年1月末までJR山陽線の三石駅(岡山県)~下関(山口県)間や呉線、可部線で一般乗車できる。

 JR西日本と県観光連盟が、昨年に続いて企画。車体は、今シーズンの選手のユニホームデサインを基に紫を主体とし、今年のスローガン「ICHIGAN」の文字やエンブレム、マスコットキャラクターのサンチェなどをあしらった。

 お披露目の式典が広島駅で催され、西日本旅客鉄道広島支社の飯田稔(とし)督(まさ)副支社長や県観光連盟の梅木敏明専務理事、サンフレッチェ広島の山本拓也社長らが出席。

 梅木専務理事らが「みんなに愛されるクラブ・サンフレッチェ広島を盛り上げていきましょう」などとあいさつした後、8人でテープカットした。

 元選手のアンバサダー、森崎浩司さんやマスコットのサンチェも車体にサインを行い、集まったサンフレッチェファンや鉄道ファンら約150人に笑顔を振りまいていた。