産経ニュース

チッソ支援は「補償と返済が目的」 環境相、経営努力を要請

地方 地方

記事詳細

更新


チッソ支援は「補償と返済が目的」 環境相、経営努力を要請

 中川雅治環境相は16日の閣議後記者会見で、水俣病の原因企業チッソの公的債務の支払いを猶予する支援策をつくったことについて、「チッソの救済ではなく、患者補償や公的債務の返済という責任を全うしてもらうことが目的だ」と話した。

 支援策では、チッソが平成29年3月末時点で抱える公的債務1990億円のうち、31年度からの返済開始が迫っていた814億円分を当面猶予する。

 国はこれまで、300億円超の債権を放棄したこともある。中川氏は「原因企業が支払うべきだという原則は維持する必要がある。(チッソには)一層の経営努力を積み重ねて、患者補償や債務返済を果たすよう要請している」と述べ、新たな債権放棄には否定的な考えを示した。