産経ニュース

「ココロです。よろしく!」 鳥羽水族館でスナメリの赤ちゃん命名

地方 地方

記事詳細

更新


「ココロです。よろしく!」 鳥羽水族館でスナメリの赤ちゃん命名

 鳥羽水族館で昨年5月に生まれ、人工哺育で育ったスナメリ(メス)の名前が「ココロ」に決まった。同館で名前を公募し、1339通の応募の中から選んだ。一般公開も始まり元気な姿を見せている。

 寄せられた名前で最も多かったのはスナメリにちなんだ「メリー」だったが、スタッフで検討し「みんなの心を和ませる存在になってほしい」とココロに決定した。ココロで応募した3人にスナメリの親子のぬいぐるみをプレゼントする。

 スナメリの人工哺育で実績があるのは、国内では同館だけ。ココロは3頭目となる。昨年5月25日に生まれたが、母親が育児するそぶりを見せなかったため、生後5日目から人工哺育に切り替えていた。生まれたときは体長85センチ、体重8キログラム。この8カ月で体長113・5センチ、体重20・7キログラムにまで成長した。