産経ニュース

LGBT当事者が相談員に 三田市、窓口開設へ 兵庫県内初

地方 地方

記事詳細

更新


LGBT当事者が相談員に 三田市、窓口開設へ 兵庫県内初

 三田市は14日、性的少数者(LGBT)やその家族を対象に、LGBT当事者を相談員とする電話相談事業を今春にも始めると発表した。市によると、当事者を相談員とする相談窓口の開設は県内初という。平成30年度当初予算案に相談員の報酬費として39万円を計上した。

 市ではLGBT支援に関し、28年度に市教委や子ども支援課などで構成される支援検討委員会を設立。29年度には職員向けの研修や市民に向けた講演会を開くなど、啓発活動に力を入れてきた。活動の中で「当事者が話を聞く場が必要」などの声を受けたことから、今回の取り組みを始めることにした。

 現在、県内外の9人の相談員候補に打診中で、4月からのスタートを目指す。市人権推進課が窓口となり、相談員の人選や日程を調整した上で、相談者が同課の個室から相談員に電話をかける仕組みにする。

 市によると、実施後の状況を見極めた上で、対面形式での相談についても考えていくという。