産経ニュース

震災の教訓、忘れずに 水戸で「市いっせい防災訓練」

地方 地方

記事詳細

更新


震災の教訓、忘れずに 水戸で「市いっせい防災訓練」

 東日本大震災の教訓を忘れずに防災意識を高めようと、水戸市は14日、市内全域で住民参加型の「市いっせい防災訓練」を実施した。訓練は震度6弱以上の地震が発生したと想定。市は緊急速報メールや防災行政無線で情報を発信し、市民に安全確保のため行動するよう呼びかけた。

 訓練の開始は午前11時5分。同市立吉田小(同市元吉田町)では、訓練開始の放送が流れると、児童たちが一斉に机の下にもぐり込んだ。揺れが収まったという放送があるまで約1分間、緊張した面持ちのままだった。

 また、同小では市の訓練に合わせて吉田地区の防災訓練も行われ、6年生約120人が地域住民らとともに初期消火のやり方や非常食の調理法などを学んだ。綿引沙奈さん(12)は「訓練は緊張したが、落ち着いて行動できた。自分で自分の身を守れるようにならないと」と話した。