産経ニュース

全日制倍率は1・73倍 千葉県内の公立高前期入試

地方 地方

記事詳細

更新


全日制倍率は1・73倍 千葉県内の公立高前期入試

 県内の公立高校の前期選抜入試が13日、各校で始まった。全日制128校(205学科)では3万8868人、定時制17校(20学科)では729人が学力検査に臨んだ。受検倍率は全日制が1・73倍、定時制は0・84倍で、全体では1・70倍だった。

 県教委によると、体調不良などによる欠席者数は全日制で196人、定時制で25人。別室での受検は全日制と定時制で計412人に上り、このうちインフルエンザによるものは278人(前年194人)だった。

 また、国府台高校で、英語のリスニングテストの最中、放送設備の不具合で大問2の(1)の英文を読み上げる音量が小さくなるトラブルが発生。県教委はこの設問について、同校で受検した417人全員に3点を与えることとした。

 14日は面接や作文など、各校ごとの試験が実施される。合格発表は20日。後期選抜は3月1日に実施する。