産経ニュース

テニス愛媛国際オープンは4月7~15日に松山で

地方 地方

記事詳細

更新


テニス愛媛国際オープンは4月7~15日に松山で

 愛媛県テニス協会(大塚岩男会長)は国際テニス連盟(ITF)公認の国際大会「ITFユニ・チャームトロフィー 愛媛国際オープン」を、4月7日から15日まで、松山市上野町の県総合運動公園で開催すると発表した。

 種目は男子のシングルスとダブルスで、試合はトーナメント方式。定員はシングルスの予選が64人、本戦が32人。ダブルスは本戦16組で、賞金総額は2万5000ドル。

 今年、国内で開かれる男子の国際大会13大会のひとつで、若手が参加するITFフューチャーズに位置し、世界共通のランキング、ATPポイントを獲得できる。

 えひめ国体で整備された同運動公園の全豪オープン仕様のコートを有効に活用し、愛媛から世界にチャレンジする選手を育成しようと開催する。

 大塚会長は、「世界レベルの試合を地方で観戦できる意義のある大会で、インバウンド(訪日旅行)による国際化の推進にもなる」と期待を述べた。