産経ニュース

池田市のマンホールカード人気 観光案内所で配布、1カ月で1000枚突破

地方 地方

記事詳細

更新


池田市のマンホールカード人気 観光案内所で配布、1カ月で1000枚突破

池田市のマンホールカード 池田市のマンホールカード

 池田市が無料配布しているマンホールカードが人気を集めている。昨年12月9日から阪急池田駅前の市観光案内所(同市満寿美町)で配布を始めたところ、約1カ月で千枚を突破した。案内所が週末も開館し、駅前で立ち寄りやすいことや、カラフルなデザインであることが、ファンに受けているとみられている。関東や四国など遠方から取りに来る人もいるという。 マンホールカードはマンホールの蓋をかたどったもので、国や下水道関連団体などでつくる「下水道広報プラットホーム」が企画。縦9センチ、横6センチで、全国の自治体が作製し、無料配布している。平成28年4月に配布が始まり、これまでに全国252自治体が293種類を作製している。

 池田市は、市の花の「サツキツツジ」、市の木の「クスノキ」、市の鳥の「ヤマバト」などを組み合わせたマンホールを市内各地に設置。マンホールカードでもこのデザインを採用し、4千枚を作製した。

 市によると、マンホールカードはコレクターが増加しており、カードをもらって実際のマンホールを撮影するファンもいるという。

 近隣の自治体もマンホールカードを作製。豊中市は上下水道局で配布したが、2千枚のカードがほぼなくなるのに1年以上かかり、市役所で配布した東大阪市では28年度1年間で配れたのは約2千枚だったという。

続きを読む