産経ニュース

松戸市 昨年の孤独死、過去最多226人 男性が女性の倍以上

地方 地方

記事詳細

更新


松戸市 昨年の孤独死、過去最多226人 男性が女性の倍以上

 松戸市は9日、平成29年1年間における、誰にも看取られずに市内の自宅で死亡した50歳以上の孤独死者数は226人(前年比35人増)で、統計を取り始めた19年以降最多だったと発表した。

 市によると、孤独死者数は、19年から3年間は100人前後で推移していたが、22年に155人に跳ね上がると、その後も増加傾向が続き、28年191人、29年は226人となり200人を突破した。

 29年の226人の男女の内訳は、男性159人、女性67人。年齢別では70代が84人(男性60人、女性24人)と多い。ほとんどの世代で男性が多いが、80代以上は男性26人、女性31人と男女比が逆転する。男性に比べて女性の平均寿命が長いことの反映とみられる。

 国勢調査のデータによると、65歳以上の市内の単身世帯数は、27年に2万5317となっており、総世帯数(21万5627)の11・7%を占める。

 12年の8609世帯(総世帯数の4・7%)に比べ、絶対数で約3倍、割合でも約2・5倍になって超高齢社会が確実に進んでおり、今後も高齢者の孤独死者数が増える事態が懸念される。

 中沢卓実松戸孤独死予防センター所長(84)は「地域との関わりが薄いことが男性の孤独死が多い理由ではないか。住民の横のつながりを訴え、見守り活動を活発にして人数を減らしたい」と話す。

 この孤独死調査は、松戸市内の常盤平団地で13年、死後3年を経過した50代男性の遺体が見つかったことをきっかけに19年から始められた。当初は50歳以上が調査対象だったが、中高年層にも孤独死が少なくないことから、現在は40歳以上から調べられている。

 近年では未婚若年層も増えていることから、高齢者だけでなく、市は若い世代の孤独死対策の検討も急務としている。