産経ニュース

「裁縫の友」に感謝 高松の八坂神社でお針祭り

地方 地方

記事詳細

更新


「裁縫の友」に感謝 高松の八坂神社でお針祭り

 古い針に感謝し、裁縫技術の一層の向上を祈願する「お針祭り」が8日、高松市木太町の八坂神社で開かれた。

 和裁の指導者らでつくる「香川県和裁技能士会」が、農閑期に合わせて毎年この時期に開催。会員をはじめ和裁の仕事に携わる人ら約30人が、1年間の作業で折れたり曲がったりした針を持ち寄った。

 神職による神事の後、着物姿の会員らは、祭壇に設けられた豆腐の針山に愛用した古い針を一本ずつ刺して供養した。

 同会の坂東七津代会長は「日頃お世話になっている針に、お疲れさまという気持ちも込めて感謝したい」と話した。