産経ニュース

環境省、天空カフェテラス8月開業 英虞湾の絶景、地場の味覚アピール 三重

地方 地方

記事詳細

更新


環境省、天空カフェテラス8月開業 英虞湾の絶景、地場の味覚アピール 三重

 伊勢志摩国立公園の英虞湾を一望する志摩市阿児町の横山展望台に8月、「天空カフェテラス」がオープンする。訪日外国人の誘致拡大へ向け、環境省が進めている「国立公園満喫プロジェクト」の一環。地場の食材を使った軽食などを提供し、伊勢志摩でしか体験できない絶景と味覚をアピールする。

 カフェテラスは木造2階建て。テークアウト形式のカフェと休憩スペースや展望デッキを設け、飲み物や食べ物の購入に関係なく無料で利用できる。パノラマ展望台の改修も含め、総事業費は約7億円。

 カフェは、同市内でリゾート施設を手がける「志摩地中海村」に運営を委託する。また、展望台の近くにある市の「創造の森横山」では、パン工房を整備する計画もある。

 同省志摩自然保護官事務所の内田清隆さんは「伊勢志摩国立公園は、英虞湾の真珠養殖いかだなど人の営みと自然の調和が特徴。そうした魅力を満喫してもらえる施設にしていきたい」と話している。

 国立公園満喫プロジェクトは、伊勢志摩や、阿寒摩周(北海道)▽日光(栃木、群馬、福島県)▽大山隠岐(鳥取、島根、岡山県)▽慶良間諸島(沖縄県)など8カ所の国立公園を、世界水準の「ナショナルパーク」としてブランド化し、長期滞在する旅行者を各国から呼び込むのが狙い。