産経ニュース

「バブリーダンス」の登美丘高ダンス部 最新動画ロケ地に市立和歌山高 大阪

地方 地方

記事詳細

更新


「バブリーダンス」の登美丘高ダンス部 最新動画ロケ地に市立和歌山高 大阪

 「バブリーダンス」が話題を呼んだ府立登美丘高校(堺市)のダンス部が出演する最新動画のロケ地に、和歌山市立和歌山高校が選ばれ、動画投稿サイト「ユーチューブ」で公開されている。同校は「同じ公立高校の活躍は、生徒にとっても大きな励み」と喜びをかみしめている。

 今月公開のハリウッド・ミュージカル映画『グレイテスト・ショーマン』のプロモーション動画として撮影された。動画製作会社が大阪周辺の高校からロケ地を探していたところ、校舎の雰囲気や撮影の日程などから市立和歌山高校が選ばれた。

 撮影は1月6日、午前6時半から約12時間にわたり、ドローンも使って行われた。登美丘高校ダンス部の1、2年生が制服姿で参加し、体育館や渡り廊下、屋上、グラウンドなどで迫力あるダンスを繰り広げた。

 市立和歌山高校はその日は冬休み期間中で、映画の告知解禁などの関係で生徒には伝えられていなかったが、川本智之教頭は「動画を見て在校生も卒業生も喜んでくれている。今後の交流も夢の一つ。今回の動画で学校のことを知ってもらうきっかけになれば」と期待を込めた。