産経ニュース

被爆死の女学生・森脇さんの遺族が原爆資料館に遺品寄贈

地方 地方

記事詳細

更新


被爆死の女学生・森脇さんの遺族が原爆資料館に遺品寄贈

 広島の原爆投下前日まで日記をつづり、被爆して亡くなった女学生、森脇瑶子さん=当時(13)=の遺族が5日、制服や防空頭巾などの遺品5点を広島市中区の原爆資料館に寄贈した。日記は出版されているが、原本は遺族が保管するという。

 県立広島第一高等女学校(現・県立広島皆実高校)1年生だった森脇さんは昭和20年8月6日、爆心地から約800メートルの中区土橋町周辺で建物疎開の作業中に被爆。その日の夜に亡くなった。

 遺品は、被爆地近くで兄の細川浩史さん(90)=中区=らが拾い集め、保管していた。焼け焦げた名札付きの制服の上着やひしゃげたアルミ製の弁当箱、薬や包帯が入った救急袋などがある。資料館は企画展などで展示を検討する。細川さんは「戦争になれば幼い命が失われるということを、遺品を見て感じてほしい」と語った。

 森脇さんは、女学校に入学してから亡くなる前日の8月5日まで、日記を書き続けた。「明日からは、家屋疎開の整理だ。一生懸命がんばろうと思う」の文章を最後に途絶えている。細川さんらが平成8年、本にまとめて出版した。