産経ニュース

夏の「びわこトライアスロンin高島」、学生王者の内田選手招待

地方 地方

記事詳細

更新


夏の「びわこトライアスロンin高島」、学生王者の内田選手招待

 県トライアスロン協会は、今夏に開く「第30回びわこトライアスロンin高島」にあたり、トライアスロンの学生王者で、東京五輪を目指している内田弦大選手(20)=AS京都=を招くと発表した。

 同大会は、7月1日に高島B&G海洋センター(高島市宮野)などで行われる。大人の部(高校生以上)のほか、小中学生の部も設けているのが特徴。同協会によると、他に関西で小中学生が参加できる大会は、兵庫県丹波市しかないという。

 内田選手は、高島市鴨出身で現在関西大3年。大学で本格的にトライアスロンを始め平成28、29年の日本学生トライアスロン選手権を連覇。現在、日本トライアスロン連合のエリート強化指定選手となり、東京五輪の出場を目指している。

 内田選手は小学5、6年の際、高島の大会に参加し連覇したことがきっかけで、トライアスロンを始めたという。「この大会がきっかけで今の自分がいる」と話す。

 今回は開催30年を記念し、参加した子供と内田選手が交流する機会をつくるという。同協会は「五輪を目指す選手を間近で感じ、参加者が世界を目指す可能性になるきっかけにしたい」と意気込んでいる。

 出場申し込みは専用HP(http://biwakotriathlon-takashima.com/)。問い合わせは実行委員会事務局((電)080・1494・4601)。