産経ニュース

災害時にドローン活用 春日部市、民間企業などと協定

地方 地方

記事詳細

更新


災害時にドローン活用 春日部市、民間企業などと協定

 春日部市は災害対策建設協会JAPAN47(本部・東京都品川区)、イシモ建設(同市浜川戸)と「災害時における無人航空機による協力に関する協定」を結んだ。災害発生時に、同協会から災害状況の調査や小型無人機(ドローン)による情報収集、イシモ建設から地の利を生かした支援を得る。同協会のドローンを活用する協定の締結は県内の市町村では初めて。

 同協会の理事で埼玉県支部長の山本修司氏が昨年10月、ドローンの操縦士を育成するドローンスクールジャパン埼玉春日部校を同市浜川戸に開校したのを機に、協定締結の機運が高まった。

 同市の石川良三市長は「それぞれが強みを生かして相互に連携することで、災害時により迅速な復旧活動ができる」と期待感を示した。