産経ニュース

スマートIC、来月31日開通 福山SA、混雑緩和に期待

地方 地方

記事詳細

更新


スマートIC、来月31日開通 福山SA、混雑緩和に期待

 NEXCO西日本と福山市が山陽自動車道の福山サービスエリア(SA)=津之郷町=で整備を進めているスマートインターチェンジ(IC)が3月31日午後3時に開通すると2日、両者が発表した。

 利用できるのは全長6メートル以下の自動料金収受システム(ETC)搭載車。利用できる時間は午前6時~午後10時。

 岡山方面への上り、広島方面への下りともに山陽道に入ることも出ることもできるが、下りへの進入路と上りからの流出路はSAを経由しないため売店やレストランなどの施設は利用できない。

 福山SAスマートICの位置は、福山西ICから8・3キロ、福山東ICから8・6キロで、両ICのほぼ中間にあたる。市中心部からは福山東ICと同程度の距離になるため、特に福山西IC以西との交通で山陽道とのアクセス性が向上。1日約2千台の利用が見込まれ、両IC周辺の混雑緩和も期待される。