産経ニュース

恐竜博物館入館者が900万人突破 福井

地方 地方

記事詳細

更新


恐竜博物館入館者が900万人突破 福井

 県立恐竜博物館(勝山市)は、平成12年7月の開館以来の通算入館者数が1月30日に900万人を突破したと発表した。900万人突破を記念して2月4日に記念セレモニーと先着300人に豪華賞品が当たるイベント「恐竜福引き大会」を行う。

 通算入館者数は、年間の入館者数が93万1422人と過去最多となった27年度に通算700万人(同年9月)を突破、90万1119人だった28年度に通算800万人(同年10月)を突破している。100万人ごとの所要日数では今回、479日で900万人に到達しており、過去3番目に短い。700万人から800万人には384日で到達しており、所要日数が長くなった要因として、北陸新幹線の金沢開業の効果が一服した▽秋の行楽シーズンに台風が相次いで接近し荒天だった▽昨年12月から大雪が続いていることなどをあげている。

 竹内利寿館長は「1千万人突破という次のステップを目標に、展示内容の充実はもとより、魅力の更なる向上と情報発信に努め、楽しみ、学んでいただける博物館を目指す」とコメントしている。