産経ニュース

初の五輪代表に激励金新基準 一関市、スノボ岩渕選手に30万円

地方 地方

記事詳細

更新


初の五輪代表に激励金新基準 一関市、スノボ岩渕選手に30万円

 一関市は国際大会に出場する地元スポーツ選手に贈る激励金支給基準を新たに制定、平昌五輪スノーボード女子のスロープスタイルとビッグエアの日本代表に選ばれた同市出身の岩渕麗楽(れいら)選手(16)=一関学院1年=に30万円を贈ると発表した。

 一関市の地元スポーツ選手として初めて五輪正式種目の日本代表に選ばれた岩渕選手を激励するとともに、スポーツ振興の立場から制定。支給額は五輪・パラリンピック30万円、国際大会10万円、ジュニアなど年齢基準がある国際大会5万円。

 勝部修市長は「岩渕選手の五輪出場は市民に大きな感動を与えてくれた」と説明、同市は岩渕選手の出場種目に合わせて市内でパブリックビューイングを予定している。