産経ニュース

九州芸術祭文学賞 佳作に熊本、鹿児島の女性

地方 地方

記事詳細

更新


九州芸術祭文学賞 佳作に熊本、鹿児島の女性

 九州文化協会は29日、第48回九州芸術祭文学賞の佳作に熊本市の出(いで)町子さん(73)の小説「砂場」と、鹿児島市の田ノ上淑子さん(71)の小説「霧の道標(どうひょう)」を選んだと発表した。最優秀作は該当がなかった。

 「砂場」はごみ屋敷や砂場の様子から物語が展開していく不思議な世界を描いた。「霧の道標」は交通事故から次々とストーリーが広がり、事故の怖さをスピード感のある文体で表現した。

 九州、沖縄から約250件の応募があり、作家の五木寛之さんらが最終選考した。

 表彰式は3月3日午後2時から、鹿児島市の鹿児島市民文化ホールで開かれ、作家の安部龍太郎さんの記念講演も予定されている。