産経ニュース

文楽に親しむ 池田、入門教室に150人 人形遣いや三味線に挑戦

地方 地方

記事詳細

更新


文楽に親しむ 池田、入門教室に150人 人形遣いや三味線に挑戦

 大阪で生まれた伝統芸能の文楽(人形浄瑠璃)に親しんでもらおうと、「わかりやすい!文楽の入門教室」が27日、池田市姫室町の市立くれは音楽堂で開かれた。家族連れやシルバー世代の約150人が参加し、人形遣いや三味線に挑戦したほか、文楽の上演を鑑賞した。

 市民グループ「池田市文楽を広める会」と市教育委員会が企画し、今回で4回目。池田市は上方落語「池田の猪買い」などの舞台で知られるが、さらに文楽で文化力をアップさせ、にぎわいを創出しようと開催した。

 参加者はまず文楽について解説を聞き、三味線や人形遣いにチャレンジ。舞台に上がり、国立文楽劇場(大阪市中央区)などで活動する人形浄瑠璃文楽座の文楽技芸員の手ほどきで、三味線を弾いたり、3人がかりで人形を動かしたりした。子供たちは「人形が重かったけど、楽しかった」と笑顔をみせた。

 最後に、実演鑑賞として、安珍、清姫の物語を題材にした「日高川入相花王」から、「渡し場の段」の上演が行われ、伝統芸能の技に見入っていた。