産経ニュース

バドミントンSS初優勝の山口選手に福井県スポーツ特別賞

地方 地方

記事詳細

更新


バドミントンSS初優勝の山口選手に福井県スポーツ特別賞

 昨年12月にドバイで行われたバドミントンのスーパーシリーズ(SS)ファイナルの女子シングルス決勝で初優勝した勝山市出身の山口茜選手(20)=再春館製薬所=に「県スポーツ特別賞」が26日贈られた。山口選手は「県民の温かい応援」に感謝し、女子シングルス世界1位を目指すとともに、福井国体と東京五輪に向けて意欲を見せた。

 スポーツ分野で優れた成績を収め、県民に感動と希望を与えた個人や団体に贈られる。山口選手は女子シングルス世界2位。昨年、国際大会に多数出場し、全日本選手権で優勝した。

 この日、県庁1階ホールで開かれた式典では、県民ら約150人を前に、西川一誠知事が表彰状と三ツ星若狭牛3キロの目録を山口選手に手渡し、「最高峰の大会で世界一の座に輝いた。県民の誇りで喜びです。日本中に感動を与えてくれた」と歓迎。「今回の優勝を励みに世界1位を目指し、東京五輪での活躍を期待する。福井国体でも実力を十分発揮してほしい」と激励した。山口選手はお礼をいい、「福井国体では楽しんでいるプレーを見てほしい。国際大会で明るいニュースを届けられるようがんばりたい」と述べた。

 式後、山口選手は「スーパーシリーズでは全部ベスト8に入れたので自信がつき、心にも余裕ができていいプレーにつながった」と振り返った。「福井国体では社会人になって成長した部分をみてほしい。世界1位に向け一戦一戦自分のプレーができれば。東京五輪にも出場し、いいプレーがしたい」と意欲を示した。

 式は、28日に福井市で開催の「S/Jリーグ」に山口選手が出場するのに合わせて行われた。スポーツ特別賞は山口選手で2人目。

 式典に先立ち、山口選手が西川知事を表敬した。