産経ニュース

心ゆくまで地酒電車 近江鉄道で3月10日まで 大吟醸飲み放題も

地方 地方

記事詳細

更新


心ゆくまで地酒電車 近江鉄道で3月10日まで 大吟醸飲み放題も

 近江鉄道(本社・彦根市)は26日、車内で県内の蔵元の酒を飲み放題で楽しめる「近江の地酒電車」の運行を始めた。今年は新たに大吟醸が飲み放題の「大吟醸プレミアム電車」も運行する。

 運行日は3月10日までの毎週木、金、土曜。彦根駅または近江八幡駅を発着する。運行時間はいずれも約2時間。

 車内で提供されるのは、冨田酒造▽多賀▽岡村本家▽藤居本家▽中澤酒造▽喜多酒造▽畑酒造▽近江酒造▽松瀬酒造▽美冨久酒造▽北島酒造-の11の蔵元の酒。

 純米酒(一部吟醸含む)が飲み放題の「純米酒電車」と、大吟醸が飲み放題の「大吟醸プレミアム電車」があり、温かいおでんや、えび豆や鴨ロースなど小料理の盛り合わせも提供される。

 料金は、純米酒電車は1人3900円、大吟醸プレミアム電車は1人5500円。各列車定員72人の予約制で、乗車5日前までに近江トラベルに電話予約する。

 予約、問い合わせは近江トラベル予約センター(電)0749・24・8103。