産経ニュース

松江城を火災から守れ! 文化財防火デーに放水訓練

地方 地方

記事詳細

更新


松江城を火災から守れ! 文化財防火デーに放水訓練

 「文化財防火デー」の26日、山陰両県でも文化財を火災から守るためのさまざまな取り組みが、各地で行われた。松江市の松江城では、自衛消防隊員らが放水銃を使って消火訓練に臨んだ。

 松江城で消火訓練を実施したのは、松江城山公園一帯の指定管理者「松江ツーリズム研究会」。漏電のため国宝の天守で火災が発生した-との想定で訓練が行われた。

 隊員らは、本丸に設置されている放水銃を使って消火に当たり、天守最上階の「天狗(てんぐ)の間」からも消火栓を使って放水。このあと、島根県教委文化財課や市まちづくり文化財課の担当者らが、天守内部の避難経路や消防設備などをチェックした。

 島根県内ではこのほか、松江市の興雲閣や八重垣神社、出雲市の出雲大社、安来市の清水寺などでも、放水訓練や消防設備の点検などが行われた。

 鳥取県内では、鳥取市の鳥取東照宮や仁風閣、岩美町の武王大明神などで、放水訓練や消防設備の査察などが行われた。