産経ニュース

【やまなし女子パワー全開】福祉ネイリスト・藤田亜由未さん(37)

地方 地方

記事詳細

更新

【やまなし女子パワー全開】
福祉ネイリスト・藤田亜由未さん(37)

 ■高齢者や障害者の女心に彩り

 高齢者や障害者向けに指先を美しく整える「福祉ネイル」。ネイルサロン「ネイルズモモ」(南アルプス市下今井)を経営する藤田亜由未さん(37)は、民間資格取得の認定校として、これまでに11人の福祉ネイリストを卒業させた。卒業生と協力して行う施設への出張サービスが、利用者に笑顔と元気を届けている。 (松田宗弘)

                   ◇

 藤田さんら2人の福祉ネイリストは24日、デイサービス「ひまわり」(同市小笠原)を訪れた。左手の薬指に白い花を描いてもらった89歳の女性は「毎回楽しみ。指がきれいになり心が明るくなります」と満面の笑顔で話した。

 出張ネイルは約20色のマニキュアを使い、花、動物、星などを描く。このほか、手のマッサージだけのメニューも。一人約20分で料金は500円から。藤田さんは「自分から積極的に話しかけ、コミュニケーションをとるようにしている」という。

 施設長の桜本真由美さんは「高齢といっても女性ですから、みなさん喜んで、自信に満ち、元気になっていきます」と目を細めた。

 藤田さんも「何にも興味を示さなかったお年寄りが、指先がきれいになったことで、お化粧して洋服を着て、外へ出かけてみようという気持ちになっていただけるんです」。

                   ◇

 藤田さんが福祉ネイルと出合ったのは約2年半前。一般社団法人「シニアチャレンジッドメンタルビューティー協会」(大阪市西区)の福祉ネイル資格を取得した。

 SNSで拡散すると、「私もやってみたい」という女性が集まり、サロンは県内唯一の認定校に。ネイル経験者は学科、実地研修で計10時間、未経験者は実技を加えた計25時間の講習を受ける。

 試験合格後は、個人営業や副業、ネイルサロン就業などさまざまだ。

 「いつまでもきれいでいたい」。そんな女心に応える福祉ネイル。藤田さんは「全国で5年ほど前に始まったこのサービスは、生活に彩りを添え、利用者を元気します。人のお役に立つ福祉ネイリスト増やしていきたい」と力を込めた。