産経ニュース

農作物食い荒らす外来生物「キョン」の生態GPSで解明 千葉県、捕獲数増へ専門職員も募集

地方 地方

記事詳細

更新


農作物食い荒らす外来生物「キョン」の生態GPSで解明 千葉県、捕獲数増へ専門職員も募集

キョンの雌(県自然保護課提供) キョンの雌(県自然保護課提供)

 県南部で急増し、農作物や花を食い荒らすシカ科の特定外来生物「キョン」の獣害対策に県が本腰を入れ始めた。いまだ謎が多い生態を解明するために捕まえたキョンにGPS装置を付けて追跡調査を行うほか、捕獲担当の任期付き専門職員の募集も始めている。14年間で約50倍と爆発的に頭数が増えたキョンによる被害の根絶に向け、効果的な一手となるか注目される。

 県自然保護課などによると、キョンは勝浦市にあったレジャー施設「行川アイランド」(平成13年閉鎖)が輸入したが、飼育されていた個体の一部が脱走し野生化したとみられる。閉鎖直後の推定頭数は14年度が1千頭だったが、19年度3400頭、27年度末には4万9500頭に。県のほか生息地のいすみ市や鴨川市、勝浦市などが罠を仕掛けるといった方法で駆除しているが、28年度の捕獲数は計2400頭で、増加を食い止めきれない。

 同課は急増の理由を「熊やオオカミのような天敵となる肉食獣がいないうえ、房総半島は温暖で餌も多いため」と分析。加えて、キョンの驚異的な繁殖力も問題となっている。キョンの雌は生後半年ほどで妊娠でき、出産直後から発情期となるなど特定の繁殖期を持たず、1年を通して繁殖可能。2歳前後からしか妊娠や出産ができない同じシカ科のニホンジカなどに比べ、旺盛な繁殖力を持つ。

続きを読む

このニュースの写真

  • 農作物食い荒らす外来生物「キョン」の生態GPSで解明 千葉県、捕獲数増へ専門職員も募集
  • 農作物食い荒らす外来生物「キョン」の生態GPSで解明 千葉県、捕獲数増へ専門職員も募集