産経ニュース

JR九州合理化へ懸念 佐賀県などが要望書

地方 地方

記事詳細

更新


JR九州合理化へ懸念 佐賀県などが要望書

 JR九州が鉄道事業合理化に向けて、3月のダイヤ改正で運行本数を削減すると公表したことに対し、特急の本数が削減される佐賀県と県内市町の代表者がこのほど、福岡市のJR九州本社を訪れ、合理化を懸念し利便性向上を求める要望書を提出した。

 佐賀県はこれまでもJR九州に対し、新駅設置や在来線の増便などを求めていた。佐賀県の山口祥義知事は要望書で「非常に厳しい。地域の声を十分聴き、利便性向上が図られるよう配慮してほしい」と強調した。多久市の横尾俊彦市長も「急な大幅な減便で、利用者の声を届ける機会がない」と述べた。