産経ニュース

諫早問題 農水省「基金が最良策」 漁業者側は反発

地方 地方

記事詳細

更新


諫早問題 農水省「基金が最良策」 漁業者側は反発

業者側弁護団に、基金による解決への理解を求めた農水省の担当者ら 業者側弁護団に、基金による解決への理解を求めた農水省の担当者ら

 国営諫早湾干拓事業(長崎県)の開門問題をめぐり、農林水産省は23日、同県諫早市で漁業者側弁護団らと意見交換し、開門はせずに100億円の漁業振興基金による解決が「有明海再生の願いに応える最良の策」として改めて理解を求めた。

 開門調査を主張する漁業者側の馬奈木昭雄弁護団長は難色を示し「まず開門した際の議論をするのが先だ。基金で営農者側もさらに良くなる方法を検討してほしい」と述べた。開門の可否に関して、訴訟での和解協議を求める一方、これとは別に漁業者、営農者、国の3者による議論の場を設けるよう要請した。

 国が今月、基金の受け入れを前提に、漁業団体が要望する排水ポンプの増設計画を示したことについて、弁護団は「外堀を埋めるようなやり方に不快感を覚える」と非難した。

 意見交換は農水省と漁業者弁護団らが定期的に実施。国は昨年4月の長崎地裁判決後、開門しない立場を明確にし、基金で和解を目指す考えを表明しているが、漁業者側の反発などで受け入れのめどは立っていない。