産経ニュース

家族連れら餅つき 万博公園で農業体験 大阪

地方 地方

記事詳細

更新


家族連れら餅つき 万博公園で農業体験 大阪

 吹田市の万博記念公園「生産の森」で、「子ども農業体験」が行われた。参加した家族連れら約60人は、田植えをしたうえで稲刈りした餅米を使って餅つきに挑戦。「自分たちで収穫してつくった餅は格別」と喜んでいた。

 同公園で環境教育などの活動をしているNPO法人「野と森の遊び文化協会」が行う年間企画の最終回。

 参加者は昨年の初夏に田んぼに水を入れて土をならす代かき作業や、田植えに取り組み、秋に収穫していた。

 餅つきでは、まず昨秋に収穫した餅米約6キロをせいろで蒸し、ボランティアの手ほどきで、1人10回ずつ杵をふるって餅にした。つきたての餅は、さっそくぜんざいにして味わった。

 この後、田んぼに積み上げたササのとんどに火が入り、無病息災を祈願。最後に全員に修了証が手渡された。