産経ニュース

下関の海響館で引き網漁法を模型で体験、2月2日まで

地方 地方

記事詳細

更新


下関の海響館で引き網漁法を模型で体験、2月2日まで

 下関市立しものせき水族館「海響館」(山口県下関市)で、引き網の模型を使って、実際に小魚をとらえる体験コーナー「魚をとってみよう!」が始まった。

 水産大学校の永松公明准教授(漁具漁法学)が指導した。参加した子供たちは、引き網や定置網などさまざまな漁法を学び、水槽で網を引いた。「全然かからない!」などと、漁の大変さを実感していた。

 2月2日まで毎日、同館オープンラボコーナーで、午後1時45分と午後3時45分の1日2回、開催する。平日のみ、開催時間の30分前までにオープンラボ前で申し込みが必要。問い合わせは同館(電)083・228・1100。