産経ニュース

山形の児童クラブの口座から1200万円なくなる

地方 地方

記事詳細

更新


山形の児童クラブの口座から1200万円なくなる

 山形市立第三小学校の放課後児童(学童)クラブ「こまくさ子どもクラブ」など2団体で、市からの助成金などの委託料と保護者の負担金(月額約1万円)の余剰金約1200万円がなくなっていることが19日、分かった。

 市によると、市からの委託料は年間約600万円、保護者の負担金を2つの口座に積み立て、経費などを支払った後の余剰金は今年度初めには約1200万円あったという。

 口座の管理は、クラブの指導員の女性職員1人が行っていたが、昨年11月ごろから連絡が取れなくなった。クラブでは弁護士を通じて山形署に相談している。