産経ニュース

【映画深層】キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」

地方 地方

記事詳細

更新

【映画深層】
キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」

意外なことに今回の「星めぐりの町」が映画初主演だという俳優、小林稔侍(宮川浩和撮影) 意外なことに今回の「星めぐりの町」が映画初主演だという俳優、小林稔侍(宮川浩和撮影)

 ベテラン俳優の小林稔侍(76)といえば、テレビの2時間ドラマや時代劇では渋みをたたえた主役を演じておなじみだ。今年でキャリア57年目となるが、映画はこれが初主演とは意外だった。1月27日に全国公開の「星めぐりの町」(黒土三男監督)で、心を閉ざした少年と交流を図る豆腐職人役として、やはり渋い存在感を示している。「よく思いがあれば何とかなるといわれるが、映画の主役に関しては、純粋に何も思っていませんでした」と小林は驚きを隠さない。

身の丈を見せる照れ

 映画の舞台は愛知県豊田市。妻を早くに亡くした勇作は、郊外の古民家に娘と2人で暮らしながら、京都で修業を積んだおいしい豆腐を作っては街まで配達する生活を続けていた。

 ある日、勇作の元に、身寄りのない少年を預かってもらえないかと依頼が来る。政美というその少年は亡き妻の遠縁に当たるが、東日本大震災で家族を失い、親類の家をたらい回しにされていた。

 渋々引き受けることにした勇作だが、政美は全く心を開こうとしなかった。

 勇作を小林が演じるほか、壇蜜(37)、高島礼子(53)、平田満(64)らが出演している。

 小林に出演依頼が来たのは、まだ台本も何もないころだった。「どんな話ですかと聞きもしなかった。映画の主役なんて想像もしていなかったから、うれしい限りでした」と振り返る。

続きを読む

このニュースの写真

  • キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」
  • キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」
  • キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」
  • キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」
  • キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」
  • キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」
  • キャリア半世紀超の小林稔侍が映画初主演 高倉健との出会いが実を結んだ「星めぐりの町」