産経ニュース

シロテテナガザル赤ちゃん、ママにだっこ 鯖江・西山動物園

地方 地方

記事詳細

更新


シロテテナガザル赤ちゃん、ママにだっこ 鯖江・西山動物園

 鯖江市西山動物園(桜町)でシロテテナガザルの赤ちゃんが誕生し、一般公開されている。

 母親のミヨの7番目の子で、昨年12月30日に出産した。性別は確認できていない。茶色の体毛は生えておらず、肌はピンク色。成長はゆっくりで、離乳に2年ほど、成獣になるには8年ほどかかる。

 ミヨは昨年1月にも雌の赤ちゃんを産んでおり、タイミングがよければ2匹を抱えて子育てにいそしむ姿を見ることができるという。

 シロテテナガザルは、東南アジアなどに生息。テナガザル類は世界自然保護連合のレッドデータブックで近い将来絶滅の危険性が高い種に指定されている。