産経ニュース

「山うに」でサンド&おにぎり 鯖江市JK課、ローソン23日から販売

地方 地方

記事詳細

更新


「山うに」でサンド&おにぎり 鯖江市JK課、ローソン23日から販売

 女子高生がまちづくりや行政に参加する鯖江市JK課とコンビニ大手ローソンが、中部地区限定の新商品を共同開発した。同市河和田地区特産の薬味「山うに」を使ったサンドイッチとおにぎりの2種。23日から中部7県の約1500店舗で販売される。

 山うにはユズ、唐辛子、タカノツメなどをすって合わせた伝統的な薬味。JK課とローソンが昨秋から意見交換を重ねていた。

 新商品は、山うにを相性がいい肉と組み合わせた「チキンポテト&豚しゃぶサンド(山うに風味)」(298円)と、唐辛子の辛みが魅力の「手巻おにぎりシーチキン山うにマヨ」(135円)。包装には同市の眼鏡のロゴマークや「鯖江市役所JK課」の文字がデザインされている。

 販売エリアは北陸3県と三重、岐阜、愛知、静岡の計7県。