産経ニュース

J3グルージャの資金着服の元副社長に実刑判決 盛岡地裁

地方 地方

記事詳細

更新


J3グルージャの資金着服の元副社長に実刑判決 盛岡地裁

 サッカーJ3のグルージャ盛岡の運営会社「いわてアスリートクラブ」(盛岡市)の事業資金を着服したなどとして、業務上横領罪に問われた同社元副社長、平川智也被告(44)の判決公判が16日、盛岡地裁で開かれ、中島経太裁判長は懲役2年6月(求刑懲役4年)を言い渡した。

 判決理由で中島裁判長は「同社の財政再建を託された期待に背き、資金を私的に流用し、経営陣や選手、サポーターを裏切った。責任は重い」と述べた。

 公判後、弁護人は「主張が認められず残念。控訴するかは本人と話し、早いうちに決めたい」と語った。

 一方、同社の菊池賢社長は「判決を重く受け止め、再発防止と健全経営に努める」とのコメントを出した。

 判決などによると、平川被告は平成28年3月4日から4月11日までの間、3回にわたって同社の口座から現金計4500万円を払い戻し、うち約3600万円を自身が経営する会社の運転資金などに充当。一部を返済したが、損害は1590万円に上っている。