産経ニュース

生徒ら1年間の成果披露 入場者に案内、説明も 松江ろう学校が校外作品展

地方 地方

記事詳細

更新


生徒ら1年間の成果披露 入場者に案内、説明も 松江ろう学校が校外作品展

 島根県立松江ろう学校高等部(松江市)の校外作品展が13・14の両日、同市の中国電力ふれあいホールで開かれた。この1年間に製作された木工芸や縫製・手芸、美術作品などが紹介され、生徒たちが入場者を案内した。

 高等部の産業技術科に所属する生徒たちの作品を中心に、小・中学部の子供たちなどの作品も合わせて、約50点を展示。イスやテーブル、トレイなどの木製品をはじめ、トートバッグや衣服、小物類など、生徒たちがこの1年間に習得した成果が披露された。

 また、出雲かんべの里や民間の工房など校外で指導を受けて製作した和紙の手まりや本だな、エプロンなども並べられた。

 生徒たちは、自ら受付役や案内役などもこなし、訪れた人たちをもてなした。木工製品を出品した同科産業工芸コースの2年、花井大樹さん(17)は「将来は物づくりの仕事に就きたい」と話していた。