産経ニュース

大津の街並み、ジュネーブに 宿泊地だけじゃない、観光客に自然や歴史PR

地方 地方

記事詳細

更新


大津の街並み、ジュネーブに 宿泊地だけじゃない、観光客に自然や歴史PR

 大津をジュネーブに-。湖畔沿いに立地することなどで「共通項」がある大津市をスイスのジュネーブのようなまちにしようと、同市が「ジュネーブ構想」と称した取り組みを進めている。京都観光のための「宿泊地」として素通りされがちだった大津を観光地として売り出そうという試みだ。市は平成29年度から関連予算を計上しており、30年度以降、事業を本格化させる方針。ジュネーブ構想とはどんなものなのだろうか。(杉森尚貴)

 ◆世界から人を

 「JR大津駅前の中央大通りを起点に、ジュネーブのような世界から人が集まる場所にしたい」

 大津市の越直美市長はこう述べる。欧州の貴族の避暑地としてにぎわったスイス。ジュネーブ駅からレマン湖に伸びるモン・ブラン通りは、大津の街並みと似ているというのだ。越市長はスイス訪問経験を踏まえ「自然と歴史豊かな大津の魅力を最大限に活用するイメージとしてぴったりだった」と話す。

 大津市観光振興課によると、市を訪れた平成27年の観光客数は約1241万人と4年間で120万人増。宿泊者数も伸びているが、平成26年度の観光動態調査によると、日帰り来訪者の平均滞在時間は1日あたり3時間にも満たない。

 大半が京都に観光するための宿泊地として利用し、大津では観光しないケースが多いからだ。

 ジュネーブには、湖に高さ90メートルまで上がる大噴水や中世の古い街並みなどの観光名所がある。スイス大使館(東京)によると、湖水浴施設やオープンカフェなども立ち並び、にぎわっているという。

 ◆にぎわいの動線

 一方の大津市。大津港には色とりどりに湖を彩る「びわこ花噴水」があり、旧東海道の宿場町として栄えた街並みも残る。湖岸には県立びわ湖ホールや、テラス席を備えたカフェなどが並ぶ「なぎさのテラス」もあるが、市都市再生課は「ジュネーブと比較すると、それらをつなぐ『にぎやかな通り』がない。駅から湖までのにぎわいの動線を作らなければ」とする。

 そこで着目したのが「中央大通り」。JR大津駅前から湖岸にまっすぐのびる4車線の道路と中央分離帯のイチョウ並木で知られる。地元では「30メートル道路」と呼ばれ親しまれる。これをジュネーブのモン・ブラン通りと重ねた。

 昨年11月、実証実験として中央大通りの一部区間の車道を封鎖し、オープンカフェなど路上に約30の店舗を出店する試みを実施。店舗のほか、地域内外の交流をテーマに地元の子供たちによる太鼓演奏から地元出身芸人、大阪のアイドルらがステージに登壇。来場者数は約2万4千人にのぼったという。

 都市再生課の岸本宏課長は「駅前、そしてオフィス街、この場所には集客の可能性がある」と話す。他自治体では、札幌市の「札幌大通り」や神戸市の「三宮中央通り」など、同様の試みの成功例も多いという。

 ◆交通など懸念も

 ただし課題も多い。1つは交通への影響だ。日常的にカフェなどを出店するには、歩道を活用することになり十分なスペースが必要だ。先月、市は議会の総合観光対策特別委員会で、中央分離帯を削って歩道を8・5メートルに広げる構想案を明らかにした。

 しかし「通行人に支障が出る」との意見もあがった。また、車線を減らすとなると交通渋滞が発生する可能性がある。

 もう一つは、地元住民の合意。中央大通りの南側にある中央学区自治連合会の安孫子邦夫会長(70)は「町がにぎやかになることはありがたい」としながらも「市内に例を見ない4車線の道路は誇りの一つ。いきなり『ジュネーブ』と横文字が登場し、車線がなくなるかもといわれると、災害時の車の避難経路などの懸念がある。『騒音が出るのでは』など住民に不安ばかりが広がっている」と話す。

 都市再生課は調整を続け、来年度に計画に着手する考えだ。

 大津市史によると、昭和33年の近畿観光圏建設協議会で「近代的な観光諸施設を完備し、もって(大津市を)『東洋のジュネーブ』たらしめる」とある。

 60年越しの計画再燃。スイス大使館は「大津市の取り組みが進んだら見てみたいし、公式セレモニーがあれば参加したい」と期待を寄せる。にぎわい創出が成功するか、公共空間の活用方法に注目が集まる。