産経ニュース

宮島で夜景と星空を 26~28日にロープウエー夜間運行

地方 地方

記事詳細

更新


宮島で夜景と星空を 26~28日にロープウエー夜間運行

 世界遺産・厳島神社がある宮島(廿日市市)で26~28日、夜間にロープウエーを運行し、ゴンドラや展望台から周辺の島々や対岸の夜景、星空を楽しむイベント「ひとときの宮島星空旅行」が行われる。

 弥山を登るロープウエーは通常、運行は日没ごろまで。普段は見られない夜景が人気を集めそうだ。

 午後5時台と6時台の2回に分けて運行し、定員は各回50人。1人2400円で、宿泊がセットになったプランもある。申し込みはイベントのホームページから。

 宮島には昨年、過去最高の約456万人が訪れたが、宿泊客は伸び悩んでおり、夜間の滞在者を増やそうと、宿泊や旅行業の若手や広島経済大の学生らが企画した。

 イベント実行委員会の事務局長、西本剛司さんは「若手ならではの突破力で企画が実現した。宮島の夜の表情にぜひ触れてほしい」と話している。